スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

クイーンズゲイト -1- 門を開く者

クイーンズゲイト -1-門を開く者
原作/ニトロプラス 企画/ホビージャパン 著/沖田栄次 イラスト/Niθ挿絵/中村カンコ/メガミ文庫

門を開く者 秘宝“クイーンズゲイト”を巡るアリスの大冒険!


アニメ化で話題の『クイーンズブレイド』のコラボ・ブランド『クイーンズゲイト』から、核となるキャラクター「門を開く者 アリス」の冒険が全3巻で小説化!
ライバルのドロシーとオーパーツの争奪戦を繰り広げていたトレジャーハンターのアリスは、 有史以前から仕掛けられていた陰謀に遭遇する。
やがてそれは母が行方不明になった原因でもある伝説の秘宝“クイーンズゲイト”の謎へとつながっていく。
異世界への扉“クイーンズゲイト”を巡り、異能の邪神教団を相手にアリスの二丁拳銃が唸りをあげる!


ドロシー可愛いよドロシー。
人物紹介だけ読むとツンデレ系ライバルキャラかと思ったら、
かまってほしくて付き纏ってる子犬系とでもいうべきキャラです。
ドロシー視点のシーンはかなり甘々です。
アリスからプレゼントされたものを嬉々としてつけるくだりとか可愛すぎる。
利用できる云々言いつつも「仕方ないな」という感じでドロシーを助けるアリスとは良いコンビでした。

現在アニメが放映してる「クイーンズブレイド」の姉妹作品の小説化です。
といってもクイーンズブレイドとクイーンズゲイトの接点は現時点では
「同じロストワールドというシステムのゲーム」というだけなんでアニメの波に乗れるか微妙なんですがw
「ソード・ワールド」と「ソード・ワールド2.0」くらい別モノです(解りづらい例)

著者の沖田栄次さんはHJ文庫で「クイーンズブレイド」の小説シリーズ(全6巻)を書いてた方です。
このシリーズ、私は好きなんですが戦闘シーンが非常に地味でした。
というのも、クイーンズブレイドは巷ではエロ画集くらいに認識されてますがw、
本来はかなり昔からある「対戦型ゲーム」です。
そして著者の方は昔からこのゲームで遊んでいる人でした。
そのため「実際のゲーム処理で再現できる」ことに拘って書いてました。
私はクイーンズブレイドで「実際に遊んでる」人間なんで楽しめたんですが、
正直少数派であることは否めません。

その反省があったかどうかわかりませんが「クイーンズゲイト」では再現性を捨てて
銃弾が飛び交う派手な戦闘シーンとなってますw

内容的にはオーソドックスなトレジャーハント物です。
エイリアンシリーズやダディフェイスとか好きだった自分にはツボにはまりました。

アリスがいったいどんなキャラになるか不安がありましたが、
ちゃんと可愛さと格好良さが同居するキャラになっていたと思います。

全3巻で隔月で続刊らしいので続きも待たず読めそうです。

しかし、あの触手杖はフニクラ様の同類か?

クイーンズゲイト〈1〉門を開く者 (メガミ文庫)クイーンズゲイト〈1〉門を開く者 (メガミ文庫)
(2009/04)
沖田 栄次ニトロプラス

商品詳細を見る

テーマ:読書感想 - ジャンル:本・雑誌

2009.05.07 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 小説

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2012/10/25 (木) 20:30:42 | | # [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2013/01/17 (木) 14:04:50 | | # [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

みみみA

Author:みみみA
どう考えても某キャラソンの為だけに作ったブログです。本当にry
せっかくだから主にライトノベルの感想書きます。もっぱら百合系

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。